« 有害雑誌より危険なカルト宗教の教典と手引き書 | トップページ | JWとモルモン教 »

2010年1月 2日 (土)

ネガティブ発想の友人

 ネガティブ発想の友人は隠れた努力を認めつつも、成功している人も成功に向かって成功への道を進んでいる者も嫌いらしい。口を開けば「気に入らない、頭に来る、富裕者には出来ることだが・・・」

閉鎖的で孤立してしまう原因は何か判っていながら思考パターンは変わらない。負の連鎖に気付いてもなお改める気配はない。

常識的契約に基づく治療に彼は応じきれない。

独自の論理を実践し投獄されれば目が覚めるかと言えば答えは否である。治療を優先すれば状況は好転する。

気楽ではあるが、充足感のない単調な生活に本人は飽きている。

労使の関係に引き込める者なら、最低賃金法から除外し、賠償責任も本人に負わせた上で雇用して普通の職能が如何なるものか、屈辱を伴ってでも再確認して欲しい。

|

« 有害雑誌より危険なカルト宗教の教典と手引き書 | トップページ | JWとモルモン教 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1312198/32829826

この記事へのトラックバック一覧です: ネガティブ発想の友人:

« 有害雑誌より危険なカルト宗教の教典と手引き書 | トップページ | JWとモルモン教 »