« カルト宗教の神様は改訂とお金が必用です。 | トップページ | ネガティブ発想の友人 »

2009年12月30日 (水)

有害雑誌より危険なカルト宗教の教典と手引き書

 あれもこれもダメ、ダメだらけのカルト宗教は、身勝手な解釈に基づく極めて不健康でサディスティックでありストイックでもある。

データの乏しいエホバの証人は書こうにも他人が調べたデータを基に書くのが限界となるが、モルモン教はクビを突っ込んだ時期がありエホバの証人より透明性も高い。

危険なカルト(セクト)とされるモルモン教には厳しい戒律が存在するが、戒律を守ったが為に命を落としたと聞いたことはない。だだし、基礎戒律を守ろうとすると必ず周囲と摩擦や対立が生じる。

彼等は、神やイエス・キリストと繋がっていれば万事良しと言わんばかりだが、あれほど己を高くして他を見下してなお孤立する理由が解らない自称選民であるが、彼等こそイエスを磔にすると決めた律法学者やパリサイ人である。

人民を惑わせたのも古代に於けるモルモン教徒のような人達であり、福音より律法を愛する民である。厳しい戒律を設け、教団に貢献することで相応しさを身につけ神に近づけると考える。

人間がモルモンに貢献し自信を捧げ、教団に相応しいと認められればモルモン神殿に参入でき、結び固められ、最後まで堪え忍べば救われ神になれる。これがモルモン教徒の最終目標である。

聖書の記述と大いに異なるが、もし夫婦のどちらかが信者でない場合、『夫は妻に清められ、妻は夫に清められ』とあり、むやみに引き離すべきではないとも記されている。モルモン教では、夫が清くなく妻が清ければ、妻が救われた際、その女はイエス・キリストの妻となる。異端の驚愕の教義である。

彼等の教義上の階級によれば、バプテスマのヨハネは地上で見かける勧誘員より権能の小さき者となる。6階級の神権の位があり、執事、教師、祭司、長老、七十人、大祭司とある。執事から祭司までをアロン神権、長老以上をメルキゼデク神権と呼び役割でなく階級が存在する。

バプテスマのヨハネは祭司であると教えられていて、今はメルキゼデク神権を有する古代の12使徒の指示で活動している教えている。ダビデも救いに必用なメルキゼデク神権も受けておらず、神殿に参入もしていない。大罪を犯したダビデは、辛うじて赦されたが、地獄に降って赦されたに過ぎず悔い改めを逃したのではなく、認められなかったと教えている。

救われる条件は上位3階級の神権の位と神殿参入が必須となる。

メルキゼデク神権は、アブラハムが財産の十分の一を捧げたサレム国の王からアブラハムに付与されたと教えているが、そんな記述は聖書にない。

異端はどこまで人の教えを神の教えとして考案し告げ広めるのか?。布教や伝道熱心とは言い難く、彼等の教団が成長できたのは、企業努力と呼んだ方が適している。

宗教団体と言うより、カルト宗教色を伴った企業とも言える。異端のカルト(セクト)をトンデモ宗教と言う人がいるが、教義も解釈もトンデモない。

祟り神でもある彼等の神はキリスト教の神とかけ離れている。教祖である小説家ジョセフ・スミスの著書モルモン書(経)は長い年月を経て加筆修正され歴史文学となったが、小説を基にした宗教は危険性が高くて当然である。

補足説明
神権付与の際は、〇〇神権を付与し、〇〇の職に聖任すると言い表す。付与済みの神権は通常、付与すると言わない。

教義、諸制度、解釈は頻繁に変更される。

|

« カルト宗教の神様は改訂とお金が必用です。 | トップページ | ネガティブ発想の友人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1312198/32786257

この記事へのトラックバック一覧です: 有害雑誌より危険なカルト宗教の教典と手引き書:

« カルト宗教の神様は改訂とお金が必用です。 | トップページ | ネガティブ発想の友人 »